ホーム‎ > ‎denkiyougo‎ > ‎

00089

ボイルオフガス(BOG)
 
 低温 LP ガスLNG のような低温液体輸送貯蔵する場合に、外部からの自然入熱などにより気化するガス
BOG と略する。
低温 LP ガスLNG貯蔵タンク、またはタンカータンクは、一般設計圧力大気圧近辺であり、ほぼ滞点近傍貯蔵されていることから、常時ガス蒸発する。このため、タンク内の圧力設計圧力を超えないようにこのガスを処理する必要がある。LP ガスBOGLNGBOG に比べて再液化が容易なため、圧縮機を用いて再液化し、タンクに返送する場合が多い。
一方、LNGBOG は、 LNG熱交換させて再液化後に気化パイプライン送出する。この方式は、LNGBOG圧縮機高圧化して、パイプライン送出する場合に比べ経済的であるが、需要の低い夜間などにおいても送出量が増加するため注意を要する。また、このガスは隣接地発電所などがある場合は、タンカーボイラー機関発電所発電ボイラー燃料などに利用されることが多い。
貯蔵タンクへの定常時の入熱としては、 (1) 外気温度差による入熱、(2) 気圧変化による入熱、(3) LNG 受入れ配管を常時低温状態に維持するための保冷循環などによるポンプ入熱などが挙げられる。また、揚げ荷時でもタンカーの荷揚げポンプからの入熱や、アンローディングアームからの入熱がある。なお, 揚げ荷時に発生するガス一部は、タンカータンクに戻され、タンク内の負圧を防止している。この返送ガスは、リターンガスと呼ばれている。
Comments