ホーム‎ > ‎denkiyougo‎ > ‎

00109

変圧器

交流電圧の大きさを変える機器

内鉄型変圧器(core type)
  鉄心の周りに低圧巻線、その周りに高圧巻線を配置する、同心円配置が多い。
  鉄心より巻線が多くなり、銅機械となる。
  絶縁のため高電圧に用いられる。

外鉄型変圧器(shell type)
  巻線の周りに鉄心を配置したものである。
  鉄心の周りに低圧巻線・高圧巻線を交互に配置する、交互配置が多い。
  巻線より鉄心が多くなり、鉄機械となる。

巻鉄心形(wound core type)
  鉄心に巻線を巻いた内鉄形(core type)、巻線に鉄心を巻いた形の外鉄形(shell type)、連続したけい素薄鋼板を巻いて外鉄形とした変圧器

073-2.gif
巻線
    変圧器には2つ以上の巻線が有り電源側の巻線を一次巻線、負荷側に接続されているものを二次巻線という。
    定格電圧により高圧巻線低圧巻線と呼ぶこともある。
 
鉄心
   鉄心材料: 厚さ 0.35~0.43mm
           ケイ素含有量 3.5~5.5%
           ケイ素鋼板を使用し鉄損を少なくしている。
 
絶縁油に必要な性能
  絶縁耐力が大きいこと(30Kv/2.5mm以上
  化学的に安定であること
  引火点が高いこと(130℃以上)
  流動性に富み、比熱が大きく、冷却作用が良いこと 
 

Comments