ホーム‎ > ‎denkiyougo‎ > ‎

00128

再点弧,再発弧
 
 交流回路を遮断するとき,電流が零点を通過した後に遮断器の極間にアークが再び発生する現象を再発弧という。代表的な交流遮断現象の一つ。送電線路の充電電流や進相コンデンサの開路時には,電流零点時に端子間に電源電圧の波高値相当の電圧が誘起(過渡回復電圧という)される。このとき,遮断器の消弧カが不足すると電流が再び流れる再発弧が発生する。さらに,回復電圧に対し遮断器極間の絶縁耐力が不足する場合も再発弧する。また,電流が零点より1/4サイクル経過後再発弧する場合を再点弧という。
 
Comments