ホーム‎ > ‎denkiyougo‎ > ‎

00153

中性点接地方式
 
 
 
 
 
  1. 1線地絡時に健全相の電圧が上昇しますが、これを抑制して、線路や機器の安全を確保し、かつ、絶縁レベルの低減を図って系統全体としての経済性を向上させます。
  2. 保護継電器の動作を迅速に、かつ確実にして、事故範囲の波及拡大防止や設備損傷の局限化とともに、1線地絡時の系統の安定度確保、通信線への誘導障害の低減、保安の確保などを図ります。
  3. 消弧リアクトル接地方式では、1線地絡時の地絡アークを自然消滅させて線路を遮断せずにそのまま電力の供給を継続します。
 
Comments