ホーム‎ > ‎denkiyougo‎ > ‎

00158

非接地
 
わが国では6.6kVの配電系統は全てこの方式によっています。1線地絡時の健全相の電圧上昇や間歇地絡などによる異常電圧の割合は、中性点接地方式の中で最も高いのですが、系統電圧が低いことからその絶対値は小さいこと、また、この電圧階級では絶縁強度は機械的な所要強度から、基準絶縁強度より余裕のあることが多いこと、また、周密な市街地内に施設されることから通信線への誘導障害防止や保安確保を優先するためです。
 非接地方式では地絡電流は、ほぼ系統の対地充電電流だけになります。 さらにこの接地方式では電源変圧器の中性点を引き出す必要がないため、△結線にできるので故障修理などのときV結線で運転できます。
 非接地方式と言っても完全な非接地ではなく、系統内に地絡事故が発生したことの検知を主目的に電源変電所の母線に設置する接地電圧変成器(EVT)の三次開放△端子に一次側中性点~大地間換算で10kΩ程度になるような値の限流抵抗を接続しています。これにより完全地絡時には事故点に有効電流が400mA程度流れます。
 事故電流が小さいため、地絡保護継電器には接地電圧変成器で検出した零相電圧と零相変流器からの零相電流による地絡方向継電器が普通使用されます。
 受電端などでは接地電圧変成器はコンデンサ型を使用し、また、条件が許せば 零相電流だけによる保護も可能です。
Comments