ホーム‎ > ‎denkiyougo‎ > ‎

00265

PID制御
 
 
比例制御(P制御)
積分動作
微分動作
入力値を階段状に変動させた時に出力値が応答しはじめるまでに要する時間(無駄時間)、
応答しはじめてからの変化の速度(時定数)、
入力値の変化量と出力値の変化量の比(プロセスゲイン)
無駄時間が長く時定数が小さい(応答開始に時間がかかるが、応答がはじまると急激に変化する)制御対象にはPID制御は不向きである。
 
Comments