ホーム‎ > ‎denkiyougo‎ > ‎

00266

順序回路
 
 

過去の内部状態と取得時の入力信号とで出力が決まる回路である。 組み合わせ回路は、伝播遅延によって信号が遅れることを除けば、入力の組み合わせだけで出力が一意に決まるが、順序回路は入力信号とともに、内部に保持している過去の状態も出力の決定に関わる。

組み合わせ回路と異なり、多くの順序回路には同期式と非同期式の2通りの回路動作がある。同期式では非同期式に比べて信号の遅れやレーシングといった問題に起因する動作不良が減らせる、又は根絶できるが、回路規模が大きくなるので消費電力や回路コストが増す。非同期式は単純な回路構成が採れるので低消費で回路コストも安くて済み、回路設計が最適化出来れば高速動作が可能になるが、設計マージンが小さくなる傾向があり小さなミスが動作不良に結びつく。

Comments