ホーム‎ > ‎mandolin_top‎ > ‎

fujimaru

藤丸常夫マンドリン
 
マンドリンのほかにアストリアスギターも製作している。ギターのほうがメインかも知れない。
福岡県久留米市野中町670-1
0942-38-4718
 
藤丸アーティストM-180
  • ボディ:イタリア・ローズウッド単板
  • トップ:ドイツ松単板(藤丸氏製作) 
  • 糸巻き:ゴトー
M-180 Model-ikagaku というタイプもある
 
 
M-100ソリスト
M-150ソリスト
M-200コンセルティスト
 
藤丸特注品
  • ボディ:メープル
  • セラックニス
藤丸特注品
  • ボディ:ハカランダ
  • セラックニス

 ボディはイタリア100年以上の伝統製法でハンドメイド。一年中温度、湿度が安定した地中海性気候の地で長年自然乾燥させた材料のみを使用しています。
 表板は1910年代のオールドヴィナッチァの手法で、一旦曲げてからセンターのハギ面を張り合わせた、(張り合わせてから曲げるとブリッジ下部のハギが弱い)落ち込みが起こらない設計です。
 力木もその時代のヴィナッチァを現代の弦のテンションに合うようにモデファイし、低音、中音、高音までが豊かに響くように設計されています。
 指板、フレットは多くのイタリアマンドリンの問題点である音程の悪さが全て改良され、正確な音程でハイポジションまでデッドポイントが無く、豊かな倍音が取れるようにフレッチングされています。
 また、ネックは3ピースジョイントのネック材は使わず、ワンピースネックになっており、演奏性能の良い、反りの起こらないネックに仕上げています。


 
 
Comments