ホーム‎ > ‎mandolin_top‎ > ‎

mandolin_strings_maker

マンドリンの弦のメーカー
 
日本国内ではほぼ標準と言っていいほど普及しているドイツのメーカーで日本国内では7種類の弦が販売されている。
OPTIMAの弦の種類
オプティマ(赤)
オプティマ(緑)
オプティマ(青)
オプティマ(黒)
オプティマ(オリーブ)
オプティマ(ゴールド)
オプティマ(紫)
  • Thomastik-Infeld(トーマスティーク)
オーストリアのウイーンの弦メーカー
 
2弦のA線が巻き線になっているのが特徴でこれにより通常のマンドリンの弦に見られる2弦と3弦の音色の差が少ないために
いくつかのマンドリンの合奏団体では2弦のみトーマスティークに指定している団体もある。
トーマスティークの弦の種類
150W
150
150ST
154はセットの型番
マンドラの弦の型番は174
150は150Mと書かれている楽器店もある、また150KというBall endの弦もあるようです。
袋のデザインが何種類かあるようだが。。。。。。
  •  ARS(SAVAREZ)(サバレス)
フランスの弦メーカーSAVAREZ(サバレス)社の製品らしいが、日本で販売されている製品のパッケージとこのフランスのメーカー
のホームページに載っているパッケージーが異なります。SAVAREZ社ではARZENTINE STRINGSとして販売されていてしかも
日本では1種類のみしか販売されていませんがSAVAREZ社の製品には1540という型番と1540Xという2種類の型番があります。
日本で販売されているARSのパッケージにはSAVAREZ製と書いてありますので、パッケージだけ変えたものなのかそれとも
中身も日本用に変更されているのかよくわかりません。
  • DOGAL(ドーガル)
 イタリアの弦メーカーです。
ホームページによるとDOGAL社のマンドリンの弦は6種類
Calace Round Wound
Calace Half Wound
Serenissima Half Wound
Linea Blu Liscia
Linea Rossa Liscia
Linea Verde Liscia
  • CARACE(カラチ)
国産の弦ですがパッケージ袋に高級輸入鋼材使用と書かれているので、線材(ピアノ線?)を輸入して日本で加工しているのでしょうか。
パッケージ袋の上の方には大きくParamount と書かれているのですが下の方にはPARAMAONT STRINGSと書かれています。
mountが正しいのかmaontが正しいのか?
ただこの表示で何十年も使っているのであまり気にしないのか?
昔は楽器店でよく見た弦ですが最近はあまり見かけないです。
  • ハナバッハ
 
  • ビラストロ
 
 
 
 
 
 
Comments